黒くポツポツした汚れをなんとかしたい

毛穴の黒ずみが気になるので、丁寧に洗顔しているのになかなか取れないという人は多いのではないでしょうか。そういう場合は、洗い方ではなく洗顔料を替えてみると、以外にもあっさり解決するという人は多いと思います。

私もずっと毛穴の黒ずみが気になっていて、毛穴パックなどで角栓を取っていたのですが、結局はまたすぐにポツポツと目立ってしまったので、真剣に対策法を調べてみたのですが、結局は日々汚れを溜めないことが大切だという結論になり、そのためには効果的な洗顔料を使うのが最良だと気づきました。

実際に効果的な洗顔料を使ってみて「論より証拠」という感じでその結論に導かれたというのが本当のところではあるのですけどね。

基本的に毛穴の黒ずみを落とせる洗顔料は、

①もこもこの泡タイプ
②汚れを吸着する泥タイプ

私の今までの経験上、この2種類がいいかなーと思っています。もこもこの細かい泡タイプは、毛穴の中に入り込んで優しく洗えますし、吸着タイプは肌に塗るだけで毛穴の中の汚れを吸い寄せて洗い流すことができるタイプです。黒ずみの原因となる角栓を少しずつ優しく洗い流せるので、いつの間には目立たなくなっているはずです。

もこもこ泡の洗顔料を色々使ってみましたが、効果と価格の面で一番良かったのがこのキレイデボーテフレッシュソープです。驚くほどもこもこの泡ができてキレイに洗顔できますし、価格が安いのが嬉しいです。

↓公式サイトはこちらをクリック↓

初回半額で買えますし、定期コースの回数縛り(安いけど4回は続けてくださいというウザイ制限)がないので安心して試してみることができます。

モコモコ泡タイプのおすすめ

モコモコの泡で洗える洗顔料はいくつかありますが、その中でお気に入りの製品ご紹介します。

泡タイプの利点は何といっても、そのモコモコした泡で優しく顔を洗えること。肌への刺激は意外と洗っている時に与えてしまうことが多く(キレイに洗おうとついゴシゴシと洗ってしまいがち…)、モコモコ泡で顔を洗った場合はその危険性がかなり抑えられます。

モコモコ泡で洗っていると、ゴシゴシと洗いたい欲も消えていきますしね。

優しく余分な角栓を洗い流せるので、毛穴の黒ずみは少しずつなくなっていき、いつの間には黒ずみのない毛穴になっているに気が付くと思います。

泥タイプのおすすめ

泥タイプの利点は、とりあえず毛穴の黒ずみが気になるところに塗っておくだけでも効果が期待できるという点にあります。洗顔料によっては肌への美容効果も期待できるものがあるので、こうした効果も得られるのも大きな利点でしょうね。

こちらも、角栓になっている汚れが徐々になくなっていき、いつの間にか毛穴の黒ずみが気にならなくなっていると思います。

 

洗顔後の肌の保湿はどうすべきか?

洗顔後に肌がつっぱる洗顔料は洗浄力が強すぎる可能性があるので気を付けた方が良いと思いますが、洗顔後も肌がしっとりするというような洗顔料であっても、化粧水や美容液で肌のケアをするのは欠かせません。

せっかく丁寧に洗顔をして余分な汚れが取れたとしても、肌の水分が十分でなければ肌のハリは失われて新たなスキントラブルを引き起こしかねません。

といっても、化粧水さえつけていればOKというわけではなく、肌の奥までしっかりと浸透する化粧水を用いない限り、充分な保湿をすることはできません。浸透力の高い化粧水については他のページに記載していますので宜しければ参考にしてみてください。

まとめ

毛穴の黒ずみを解消するためには、毛穴パックや爪などで角栓を取リ除くのではなく、顔を洗って余分な角栓を洗い流すべきということをかきましたが、一般的な洗顔料ではなかなか効果を得るのは難しく(毛穴の中まで入り込んで洗うのが難しいため)、数少ないですが、効果的な洗顔料を用いないことには、いくら顔を洗っても黒ずみは取れないままとなってしまいます。

ただ、効果が高い洗顔料のタイプは大きく2通りあって、モコモコのキメの細かい泡で洗うタイプと、毛穴の汚れを吸着して洗いだすタイプがあって、その中でも効果が高い製品について紹介してみました。

中にはお試しセットの提供があったり、初回の大幅な割引きが適用されるものもあるので、上手に活用して効果と価格の両面で納得できる洗顔料を見つけて欲しいと思います。当サイトがその参考になればと思い、これからも最新の情報に更新していきたいと思っています。

 

プロフィール

えみ(34♀)

顔はやっぱりキレイにしておきたい。いつの日もそう思っています。

© 2018 毛穴の黒ずみをとる洗顔料 rss